「股関節症克服します」と言い続けて

両足の長ささえそろっていたら
自分が、こてこての変形性股関節症であることを忘れそう。

今日もプールで逆立ち、やってきました。
10分。

自分の体のためだもの
恥ずかしいだのなんのと言ってはおれない・・・

くり返しくり返し、逆立ちやりました。
シュノーケルを口にくわえて、15分くらい連続して逆立ちやりたいくらい。

起床時には、布団の中で体ゆらゆら。
やり方が正しいのかどうかは、ワカリマセン。

5年前、「きくち体操」の雑誌を買いました。

真っ先に、足の開脚やって股関節に痛みをだし
本は本棚の奥深くにしまい込んだまま。

最近になって、菊池和子さんがその本の出版当時74歳だったことに
心ひかれ、また本を取り出しました。

左足と右手で握手、右足と左手で握手を
浴槽でやってます。

患足の左足と右手の握手は、姿勢を工夫しなければできないけれど
いちおう足と手で握手が実現。

はじめの頃、患足の左足指は手の指を差し入れると
ピリピリと電気が流れるような痛みが走ってました。

足指、弱ってたのかなあ。
今は、そのピリピリはなくガッチリ握手!

毎日続けている中で、いくつかは効果が出てるかも。

このまま温存療法続けていていいのだろうかと
考えて、考えて、考えた日々もあったけれど

痛み少なく働いてくれるようになった自分の足に触れていると
このまま寿命を全うできるのじゃないかと・・・

朝晩、ご先祖様にお参り欠かしません。
両手を合わせて、いろんなことをご先祖様に感謝しながら

「〇〇鈴子、股関節症克服しました。ありがとうございます。」と
もう、何年言い続けていることか・・・

ご先祖様は、渋戸伊家の嫁のしぶとさにきっと苦笑い・・・(^^;)

皆さま、がんばりまっしょい。えい、えい、おー!!

by sunnytoday | 2013-05-21 15:54 | Comments(0)  

<< 雪が降る? いつまで続くか >>