<   2013年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

最高の朝

今朝、起床直後の渋戸伊は最高だった・・・

外出の予定のない日曜日だったせいも
あるかもしれないけれど

自分が股関節症でないかのような
何の違和感もない起床後の第一歩・・・お!

脚長差すら感じない朝、こんな日が時々あります。

前日に足を酷使してないこと。
筋肉ほぐし・骨盤体操を怠っていないこと。

ソケイ部マッサージも足の裏マッサージも。
それもやりすぎていず、適度であったこと。

全てがうまくいっている時の朝は、最高です。
雨が降っても曇天でも、最高です。

こんな朝もあります。
そうじゃない朝もあります。

人間の体だもの、良かったり悪かったり。

ピョコタンピョコタン、片一方スリッパを脱いで掃除しました。
この季節は、素足が気持ちイイ!

今夜は、難儀な仕事作業があります。
それはそれで、乗り越えないと・・・

昨夜、孫がオモチャの電話機で遊びながら
「八代のおばあさんに電話しないと」と、独り言を言っていたとか。

娘も婿もビックリの「おばあさん」・・・

「おじいさんにも電話しないと」とも、言っていたとか。
あえて訂正はしなかったそうです。

昔、昔…と、きっと昔話をたくさん読んでもらったのでしょう。

「おばあさん」

音の響きに、存在感があります。
渋戸伊は「おばあさん」になれるかな~?

皆さま、がんばりまっしょい。えい、えい、おー!!

by sunnytoday | 2013-06-30 17:37 | Comments(5)  

悪いことばかりじゃない

起床時に背中やお尻や太股などを
ポンポンポンと叩いて

「今日もよろしくお願いします!」と、言います。
渋戸伊の毎朝の習慣です。

ポンポンじゃなくてバシッバシッかも・・・
気合いが入って、気持ちいいです。

先日、患足に「申し訳ないことをした」と書いて以来
渋戸伊の心境が、微妙に変化しています。

この足、ホントにがんばってる!

娘を身ごもった時に発覚した、臼蓋形成不全。
いずれ車椅子生活になると言われ、ガーン。

その娘が今年30才。

シンシン痛かったり、ジンジン痛かったり
ズキズキ痛かったりしたけれど

筋肉ほぐしや骨盤体操や股関節サプリなど
いろんなことを試しながら

今は、シンシンやジンジンやズキズキの痛みが
めったに出ません。

足を酷使したときは、痛みが出ます。
で、何が書きたいのかというと

渋戸伊の左足は臼蓋形成不全→変形性股関節症と
たどりながら、よくぞ今まで頑張ってくれた・・・ということ。

労わりながら、温存したいということ。

この6年間は、明けても暮れても股関節症対策。
数多くの失敗も重ね、大泣きしたことも。

失敗した甲斐がありました。

今ではこうやって痛みをコントロールできてます。
受け入れ難かったのは、脚長差・・・

努力は今後もずっと続けます。

が、脚長差も受け入れられるようになってきています。

股関節症や脚長差の悩みを抱えながら
悪いことばかりじゃないことが、身にしみてわかるから。

息子や娘は、渋戸伊の健康を、会うたびに気遣ってくれる。 

孫が外出先で、立てかけておいた杖をサッと持ってきてくれた。
こんなに小さい子が、ってビックリした。

夫が、渋戸伊の足の具合を気にかけ、家事を分担してくれる。
やり方が違っても両目をつぶって、見なかったことに。

皆さま、がんばりまっしょい。えい、えい、おー!!

by sunnytoday | 2013-06-29 21:09 | Comments(0)  

大切にする

何らかのダメージが残っているみたいな感じも
消えました。

ホニャホニャって感じになっちまった患足に
股関節症患者なりのガッシリ感が、戻りました。おー!

渋戸伊の場合、患足は労わったほうがよさそう。
鍛えようなんて、思わないほうがよさそう。

この頃は、20分で晩ご飯を作ってます。
煮魚もフライパンで、ムニエル類はもちろんフライパンで。

サラダはスライスきゅうりや玉ねぎに
スライス茗荷を混ぜて。

スープは味噌味だったり、醤油味だったり
今夜は、ナスやピーマンその他の野菜をカレールーで味付け。

これは手抜きではなくて、超高速クッキング
・・・のつもり。

股関節症の我が足を大切にしながら
温存、続けます。

えい、えい、おー!!

by sunnytoday | 2013-06-28 23:53 | Comments(0)  

痛みは

昨日の痛みは取れました。

自然にじゃなくて
昨日は、モーラステープをあっさり貼りました。

立つたびに、お尻の下の足の付け根が痛むなんて
困ったモンでした。 生活不可能~。

今日は痛くはないけれど
何らかのダメージが残っているみたいな感じ。

数日前の力強い歩き方からすると、ホニャホニャ。

お尻の下の足の付け根が痛いよりはイイです。
ホントに困りましたから。

右足はどれだけ強い水中キックをしても、痛みは全く出ないわけでして
左足には申し訳ないことをしました。

労わらなければいけない足を、鍛えてしまって
申し訳ないことをしました。

時には、こんな間違いもある・・・時にはじゃなくて
しょっちゅう? (^^;)

皆さま、がんばりまっしょい。えい、えい、おー!!

by sunnytoday | 2013-06-27 23:59 | Comments(0)  

力強さを加減して

力強いビッコになる!と宣言しました。

気持ちは変わりません。

けれど、やり方を変えようと思います。
痛みが出ました。

患側の足の付け根。 それもお尻の下。

キックが強すぎた・・・と、思います。
水をガンガン蹴りました。

グイグイ水圧感じて、気持ち良かったけれど
痛みが出ました。

渋戸伊の患足には、力強いビッコになるにしても
加減が必要なようでして。

痛みが出たら、生活の質が落ちます。
痛みがあれば、カッコつけて歩こうにも歩けません。

だから、水中キックはほどほどに。
けれど、気持ちは力強く! おー!!

皆さま、がんばりまっしょい。えい、えい、おー!

by sunnytoday | 2013-06-26 23:57 | Comments(0)  

力強い〇〇〇になる

さすがにタイトルに書くには、気がひけましたが

力強いビッコになろうと思っています。

今日、体重が1キロ増えていました。
でしょう、でしょう。しっかりご飯を食べています。

20代で脾臓摘出手術を受けた直後
体重が46キロになりました。ゲッソリ。

若かったので、まもなく51キロか52キロくらいになりました。
渋戸伊は見かけよりも体重があるタイプでした。

ところが30数年たって、思いがけずというか自然の成り行きというか
筋肉がどんどんおちてきました。

体重もその分、どんどん落ちてきました。
あたかも、脾臓摘出直後みたいに・・・

血圧も80と40だったりして、これでは
「死んでますよ」と言われても、不思議じゃないっす。

力強いビッコになるために、食生活にも注意してます。
朝食はふつうの和食&きな粉を大さじ2杯ほどをお湯に溶かして飲んでます。
そのきな粉に小さな煮干しを2つかみくらい入れて、食べてます。ムシャムシャ。

朝食が充実しているので、昼食は朝食より少なめ。
けれどガッツリ、雑穀米は食べます。

疲れないように泳いでいたのも、止めました。
ガンガン泳いで、疲れたら家で30分間休憩する時間を取ることに。

血圧が100と60! おー!
 
あと20年しっかり生きることを決めたばかり。
静かにじゃなくて、力強く生きることに決めました。

皆さま、がんばりまっしょい。えい、えい、おー!

by sunnytoday | 2013-06-25 15:56 | Comments(0)  

前を向く、前に進む

昨日、熊本の整体に行ってきました。
ていねいに、ほぐしていただきました。

毎日、自分ほぐしをやっているとはいえ
身体全体を整えるのは、プロにやってもらうのがイチバン。

今後もっと高齢になり、遠方へのマイカー移動が不安で
銀サロのM先生や熊本のM先生の施術が受けられなくなったら

どうするか・・・

その時は、地元のふつうの整体でオーケーなように

今のうちに、筋肉の状態をいい方向に向かわせておこう!
と思います。

患側の踵をグッと下げれば、右側の骨盤が上がります。
その状態を、夜の就寝時にだけ、目が覚めている間やってます。

眠ってしまったら、シラナイ、ワカラナイ。
朝はしません。よけいなことをやったら、痛みだしやすいので。

そんなことをして、何に効くと思うのか。

実は、昨日の整体の帰りに温泉に寄り
温泉に浮かんでいる間、左右の踵の長さが揃っていた・・・

お!

渋戸伊の場合、長い間に骨が変形しているわけで
脚長差が完全に元通りになることはムリだろうけれど

左右の踵の長さが揃う時間を作ることで
5ミリでも脚長差を縮めることは、可能ではないのか。

現に、今も不完全な補高靴を履いてますが
不完全補高ゆえに患足が沈んで歩きにくい感覚が、以前よりナイ!

これって、すごいこと!

渋戸伊自身の骨や筋肉が変わりやすいチャンスを
少しずつでも作ってやりたい。

それには、自分にだけわかる身体の声を聴いて
前を向く、前に進む・・・

皆さま、がんばりまっしょい。えい、えい、おー!!

by sunnytoday | 2013-06-24 15:54 | Comments(0)  

祈る

毎朝、毎夕、仏壇にお参りしています。

夫の健康、姑の健康、息子夫婦の健康、娘家族の健康
娘婿の母親の健康快復

世界平和、渋戸伊の股関節症克服

渋戸伊家のご先祖さまに、くり返しくり返しお参りするので
ご先祖様もビックリの、時間のかかる朝夕のお参り。

ご先祖さまに手を合わせて「ありがとうございます。」を繰り返していると
穏やかな気持ちになれます。

自分の力ではどうしようもないことを、ご先祖様が助けてくださる気がして
一心に「ありがとうございます。」を唱えます。

ふっと心が軽くなります。

年末に、長男夫婦にベビーが生まれます。
嫁の健康とベビーの健康を、さらにさらにお参りしています。

共働きの夫婦のために、何事かあったら手伝いたいと思うのに
渋戸伊はこのまま、仕事を続けられるのだろうか。

娘夫婦も共働きで、核家族の共働きの大変さは
十分に知っています。

今日もきっと雨の中、自転車で保育園に送って行き
その後、職場に向かったことでしょう。

「大丈夫だよ。」という娘の言葉を受け入れ
子どもの預け先がなく「ヘルプ」要請があったときだけ、夫に支援に行ってもらったけれど

今度は立場が違い、嫁の両親の気持ちを考えると
娘の時のようにしていてよいものかどうか。

仕事を辞めたほうがいいのか。
辞めずに、やり方を変えて継続する方法があるのかどうか。

私だけの独りよがりでもいけないので
今は一心に、嫁の健康と胎内のベビーの健康を祈っています。

えい、えい、おー!

by sunnytoday | 2013-06-24 15:10 | Comments(0)  

あきらめないこと

補高靴を履いているとはいえ
杖なしで、それほど傾かずに歩けている時の嬉しさは

本人のみぞ知る・・・

痛みなく歩けている時の嬉しさは

本人のみぞ知る・・・

今回のように、加減を失敗して痛みを味わう時もあるから
痛みが消えている時の嬉しさは

本人のみぞ知る・・・

だから、あきらめません。

皆さま、がんばりまっしょい。えい、えい、おー!!

by sunnytoday | 2013-06-22 00:20 | Comments(0)  

加減さえつかめば・・・

渋戸伊の痛みの元凶は、昔も今も
患足の踵をグイグイと下方に下げること・・・

やり過ぎはよくないとわかっていても
そのグイグイをやって数日どうもなければ

このままグイグイやっていいのかもしれないと
思ってしまうのでした。

それが、やりすぎにつながり
昨日は、足の付け根に痛みを出してしまいましたが

今日は痛みが消えました。

痛みがある時の不自由さを、昨日は味わうはめに。
痛みがないって、こんなに嬉しかったっけ?

今日は足が丈夫な人たちと
一日中、行動を共にしたけれど、大丈夫だった~。

痛みがなければ、普通っぽく歩こうと努力もし
痛みがあれば、努力したくっても、試みる余裕がまずナイ・・・

痛みを出さないことが大事。
患足はほにょほにょしてるけれど、痛みがなければ改善の余地あり。

就寝時、仰向けに寝たまま何気なく患足を上げたら
スッと上がった・・・

2007年とか2008年とか2009年とか20010年とか
ブルブル足が震えて、それでもわずっかしか上がらなかった・・・

今、患側のお尻を触ったら、ぷくっ。
骨に触れそうだった患側お尻が、ぷくっ。

これは、渋戸伊にはたいへんなこと!
あきらめさえしなかったら、改善する時が必ず来る!

完治はしなくとも、改善はアル!

加齢と衰えが、すべて比例するとは限らないんだなあ。
回復もあるんだなあ。 改善もあるんだなあ。

皆さま、がんばりまっしょい。えい、えい、おー!!

by sunnytoday | 2013-06-20 23:59 | Comments(0)