<   2012年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

繊細な筋肉

毎朝、元気な朝を迎えます。
元気な跛行オバサンが、トントントンと階下に降りてきて、一日が始まります。

もちろん、骨盤体操、筋肉ほぐし、命の貯蓄体操の一部を励行することによって・・・
コレあればこそ、渋戸伊の跛行は渋戸伊レベル内の最小限に抑えられ
そこそこですが、人並みの活動ができます。

クロールとバックを交互に泳いでも、全然疲れは感じず
水中は我が天下という環境もありますが、いつまでも泳げます。

ただ、時間が惜しいのと、ゴーグルを長時間つけっぱなしにしていると
その後、人に会う時目の周りにくっきり跡が残り美しくはナイので

プールに入ってる時間は、制限してます。

ところが、渋戸伊の体と心は一致してないようで
心の元気と裏腹に、体は相当に疲れているようでした。

昨日、熊本の整体師さんにお世話になりましたが
お尻の下あたりの筋肉が萎えてたそうです。

渋戸伊自身も感じてました、ソレを。

無理が続けばいっきに萎えてしまう、渋戸伊の繊細な筋肉。

気が張ってるからこなせる事柄も、脳が渋戸伊の勢いに騙されてるだけで
本当はこなせない事柄なんだと思います。

健康な足をお持ちの方々には、ふつうにできることが
渋戸伊の足には、細心の注意と準備と努力でなしえること。

自分の足の実力を知って、行動しないと・・・
と言いながら、昨日は友人たちのコーラスの発表会で、夜も外出。イヒヒ。

今度の日曜日は姪の結婚式で、子どもたちが我が家に前泊します。
渋戸伊はまた、実力以上のことをするんだろうなあ~。

自分の筋肉の実力を知って暮らさないと。

お粗末なこともやらかしますが、モーラステープや痛み止めを使わずに
ナントカカントカ生活できてることを喜ぼうと思います!ウッス!

だけど、使わなければならない時は、あっさり使おうー。

皆さま、頑張りまっしょい。えい、えい、おー!!

by sunnytoday | 2012-10-29 11:25 | Comments(7)  

八代駅⇔熊本駅本番

木曜日がその本番の日。

渋戸伊は皆さんと一緒だと、楽しくて楽しくて
練習の時は利用したエレベーターも使わず、階段をテクテク。

ナイジェリア人のCさんが、エレベーターをすすめてくれたのに
カッコつけて、皆さんと一緒に歩きました。

杖ついて、やたらと背筋伸ばして歩いてるオバサン。
やたらと背筋伸ばして、健康な足をお持ちの方々とやっと同じに見えるかも。
いや、見えないかも・・・

少しも痛みは出ず、サッササッサと歩けました。

無事に一日が終わりと、いってもウィークデーなので
渋戸伊には帰宅後に家事と仕事が待っていて

立ちっぱなしの仕事は、やっぱり足疲労。
だけど、気が張っているので問題なく仕事はこなせます。

就寝前のお風呂、いいなあ~。
ゆっくり入浴した翌朝は、またまた元気な朝がやってきます。

皆さま、がんばりまっしょい。えい、えい、おー!!

by sunnytoday | 2012-10-29 10:51 | Comments(0)  

練習翌日

駅⇔駅の練習翌日、月曜日、足に異変はなくいつも通り。
ひそかにウキウキ。

ところが夕方ころから疲れが出始め、仕事中は足疲労。

渋戸伊の就寝時間が遅いのが、いつもの「困ったこと」ですが
足疲労はともかく、心はいつも元気で一日を過ごせます。

その日も、就寝前のお風呂を楽しみに最後まで乗りきれました。

皆さま、頑張りまっしょい。えい、えい、おー!!

by sunnytoday | 2012-10-29 10:39 | Comments(0)  

八代駅⇔熊本駅

先週の日曜日、八代駅⇔熊本駅の練習をしました。

私の日常はマイカー移動で、列車移動はめったになく
熊本駅が改修されてからは、行ったことなし。

週半ばにボランティア仲間と熊本に行く計画があり
足のことが心配でした。

計画では、駅に着いたあともかなり歩くようで、やっぱり心配。
結局、渋戸伊のせいばかりではなく、皆のためにも市内ではタクシー移動になりましたが。

であっても、見物がてら当初の予定通り、駅⇔駅の練習を実行。
列車、好きです。いろんな人が観察できて。

渋戸伊だって見られてるはず。
杖ついて、やたらと背筋を伸ばして歩いてるオバサン。

熊本駅につき、駅ビルで孫にくまモングッズを買い、駅内見学。
次は外に出て歩道橋を渡り、新しくできたビルを見学。

そのうち歩くのが嫌になり始め、昼ご飯を食べて休憩したら
また歩けました。

心配したほどじゃなかった・・・歩けました。

疲れたのは事実。就寝前のお風呂はゆっくり入りました。

皆さま、がんばりりまっしょい。えい、えい、おー!

by sunnytoday | 2012-10-29 10:33 | Comments(0)  

講演会のお知らせ  メディアを通して見えてくる日本

f0163810_23524863.jpg


八代の近くにお住まいの方々へ

私が所属している「地域日本語支援やつしろクラブ」(ボランティア団体)主催の
多文化共生講演会のお知らせです。

例によって、私は受付に立っています。
お時間あられましたら、どうぞご参加ください。

興味深いお話が聴けること、請け合いです。

熊日新聞のパケット通信(11月3日付)にも、お知らせ掲載予定。




日時: 2012年11月10日(土)  午後2時~3時30分(1時30分開場)

開場: やつしろハーモニーホール大会議室B

講師: カーク マスデン先生(比較文化論) 熊本学園大学 国際経済学科准教授

演題: 「メディアを通して見えてくる日本」

参加費: 無料

カーク マスデン先生のプロフィール

アメリカ・ウィスコン州出身  上智大学留学で来日 日本語の勉強を始める

東京芸術大学で邦楽、民族音楽を学び、博士号取得

ボランティアで熊本在住外国人のための情報サイトを運営

RKKテレビ番組コメンテーター・番組審議委員


(カーク マスデン先生のお話より)

日本に来るまでは、日本とアメリカは180度違うはずだと思っていました。
来日していろいろな文化の違いに気づきましたが、あまり驚くことはありませんでした。
むしろ驚いたのは、共通点でした・・・(中略)

今回、さまざまなテレビ番組の映像を紹介しながら
メディアと異文化理解について一緒に考えていきたいと思います。

by sunnytoday | 2012-10-28 00:31 | Comments(0)  

元気です

股関節症なりにというか、股関節症であってもというか、元気です。

書き出せば、書きたいことがいっぱいあって

またまた、睡眠不足になりそうな感じ。

今夜は寝たほうが、よさそうです。

皆さま、がんばりまっしょい。えい、えい、おー!!

by sunnytoday | 2012-10-24 00:54 | Comments(4)  

花火

第25回全国花火競技大会が今日、八代で開催。
無事、終わりました。

13000発打ち上げられる、それはそれは美しい花火大会です。
全国からの花火師さんが、腕を競います。

毎年、10月の第3土曜日に開催されます。

いつものように、午後に下見に行きました。

プールの帰りに、マイカーで1人。

観光バスが続々と集まってくるの、見るの大好き。
打ち上げ開始は午後6時半ですが、渋戸伊が様子を見に行った2時半ころには

会場が人、人、人で埋まっていました。

今日はお天気がよかったから、まるでピクニック。
背中に荷物を背負って、人、人、人が会場に向かって歩いていました。

それを見るだけで、足のことは忘れてワクワク。
25年前は歩けたけれど、今は歩けません。

家のベランダから、遠くに見える花火を見て満足。
以前はよく夫が車を運転して、近くまで連れて行ってくれましたっけ。

股関節痛ばかりでなく
最も渋戸伊の体調が悪かった、2006年の花火が印象的。

夫は通行車を装い、混雑する花火会場近くの橋や道路を徐行運転して
渋戸伊に花火を見せてくれました。

今夜も「行く?」って、夫が聞きましたが
「ノーサンキュ」

もう、満足。
昼間、人・人・人を見たから満足。

みんな、すごいや!って思いました。
丈夫な股関節を持っててすごいや!って思いました。

皆さま、がんばりまっしょい。えい、えい、おー!

by sunnytoday | 2012-10-20 22:38 | Comments(0)  

ヨイショ、ヨイショ

パソコンの前に座る時間がなく…

今夜も、もう寝なくてはいけません。

「股関節症なんだけれども、歩ける」一日でした。

「左足は普通じゃないよね」ってハッキリ意識せざるを得ないんだけれども
歩ける一日でした。

自宅の階段の昇り降りは、ヨイショ、ヨイショなんだけれども
それがふつうの一日でした。

皆さま、がんばりまっしょい。えい、えい、おー!!

by sunnytoday | 2012-10-20 01:29 | Comments(0)  

長い一日

午前中はボランティアのミーティング

その後は地元の新聞社へ、講演会の「お知らせ」関係で行き

その後は日本語支援のボランティア。

帰宅後は、自分の仕事。

この足で、よく活動できました。

明日も予定があるので、もう寝ます。

皆さま、がんばりまっしょい。えい、えい、おー!!

by sunnytoday | 2012-10-19 01:36 | Comments(0)  

「股関節痛は怖くない」の本

「股関節痛は怖くない」の本が、手元にありますが
時々、パラパラとめくっています。

その時々によって、吸い寄せられる個所が違います。

脚長差が気になってる時はそのページを読み、軟骨の存在が気になっている時は
そのページを開き・・・という具合。

久しぶりに本を手にすると、最終章の症例紹介で
年齢が目に入りました。

59歳で埼玉県在住のYさん。
今の渋戸伊の年齢と同じというので、引き寄せられた次第。

Yさんは32歳の時、異変に気づかれ
渋戸伊は29歳のとき。

Yさんは整体に通いながら、バトミントンを続けられ
渋戸伊は何もせず放置。

Yさんは50歳過ぎから股関節の動きが悪くなられ
渋戸伊はずっと続いていたズキズキ、シンシンとした痛みとともに、脚長差発覚。

Yさんは2006年10月、5ヶ月後に人工関節が決まっている状況で
松本先生との出会いがあられ

渋戸伊は2006年にブログで先生に出会ったものの
田舎者なのでネット社会に恐怖があり

というのも、その歳になるまで整体というものを一切受けたことがなく
今では笑い話にしかならないけれど、密室で殺されるのではないかと怖かった・・・

それでも勇気を振り絞って
2007年9月に霧島で初めておめにかかったら

先生は仏様のような方でした。

Yさんはその時、T字杖歩行をなさっていて
渋戸伊は、まだ・・・その2年後。

本の出版が2010年だから、もしかするとYさんは渋戸伊より
1~2歳くらい人生の先輩かもしれません。

渋戸伊は幸いにしてそれまで、痛みを我慢しながらもふつうに生活していたので
片足立ちはできていました。

今もできますが、無理にはやりません。

Yさんは今後、T字杖での安定歩行を基本に考えておいでのようで
杖なし歩行への可能性も捨ててはいらっしゃらないごようす。

渋戸伊も同じです。

自宅や教室では杖なし生活。
外出時も杖はバランスよく歩くために持ってはいるものの

実際は、自分の足だけで歩いていることが多い・・・

皆さま、がんばりまっしょい。えい、えい、おー!

by sunnytoday | 2012-10-17 12:40 | Comments(0)