<   2012年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

夏バテしないように…

渋戸伊は、母親の体質を受け継いでいるとみえ
年齢を重ねるにつれ、次第にひょろっとしてきました。

若いころから、ずっと体重は変わらなかったのに
この頃は軽め・・・

足を含めて、体の筋肉がおちているんだと思います。
思いますどころか、確実に落ちています。

若い人たちがスレンダーなのはカッコいいけれど
アラ還の渋戸伊はちょっと・・・(^^;)

あこがれは、ボデイビルダーの上半身。

心だけは元気です。

夫は今日は父方の法事。明日は母方の法事。
8月も法事…法事が続きます。

渋戸伊は明日から、朝・昼・夜と仕事です。

皆さま、がんばりまっしょい。えい、えい、おー!

by sunnytoday | 2012-07-22 13:34 | Comments(7)  

プールにて…

来週からは、土曜日しかプールに行けませんが
今週までは2回行けました。

で、今日はプールの日。
いつものようにクロールと背泳を交互にゆっくり泳ぐだけ、45分くらい。

用心してキックはそっと。水中歩行はしません。
軽くキックしながら、水かきだけはしっかりやりました。

下半身が弱いので、上半身だけでも鍛えられるならと
水圧を手のひらに感じながら、グイグイとしっかり水をかきました。

隣の2つのコースで、マスターズの人たちが泳いでおり
見るつもりはなくても、水中にたくましい足が何本も見えました。

彼女たちとは、お風呂で談笑する仲。
このところ、ずっと足の調子がよくなかった話をしました。

丈夫な足をお持ちの方々なので、想像もしにくいだろうけれど
渋戸伊の話を聞いて下さいました。

注意すべきは、延々と話し続けないこと。
自分の話はほどほどで切って、人さまのお話を聴くこと。

メンバーのOさんには、先日、キュウリをいただき
今日は、またまたキュウリとニガウリをいただきました。

足の状態は、少しずつ落ち着いてきました。

皆さま、がんばりまっしょい。えい、えい、おー!!

by sunnytoday | 2012-07-21 23:52 | Comments(0)  

階段昇降

生活全般について、考え直す時期が来たのだろうか…
と、ここしばらくずっと頭を離れませんでした。

階段の昇降がユーウツでした。

太股や向こう脛に痛みを出すような階段昇降を
このまま続けてよいものかどうか

ユーウツでした。

イヤだなーと思いながら、2階に着換えに行ったり、物を取りに行ったり。

ところが、足の痛みが減ってきて
ユーウツがユーウツでなくなりました。

もちろん、手すりなしではムリですが、昇降時の痛みが激減。
今日は、階段昇降が苦にならなかった…もしかして最悪状態を脱した?

暗いトンネルを抜け始めた? 足を休めることによって。

こういう時こそ、調子に乗らないようにしないと。

皆さま、がんばりまっしょい。えい、えい、おー!!

by sunnytoday | 2012-07-20 23:58 | Comments(0)  

回復を待つ…

今日は朝から夕方まで、日本語支援のメンバーと一緒にいました。
午前中は月2回の定例会、ランチを食べて午後はロッカーの書籍類の整理。

その後、Cさんの日本語学習支援を。
学習支援をしながら、人が外国で生きていく大変さを考えたり

世界平和を考えたり、渋戸伊には非常に貴重な時間。

ところで、以前の渋戸伊だったら、仲間が立ち作業をするなら
自分も一緒に立ってやるのが当たり前…だったけれど

「足の状態が、ちょっとよくないので。」と、正直に言って
座って作業しました。

家に帰ればまた仕事が待っており、定例会がある日は
渋戸伊にとって、12時間以上我が身を人前にさらす長い一日。

自分の足は自分で守らなくては。

今、階段を直立では昇れません。

昇ってるときに痛みを感じるのが嫌で
右手で壁や手すりにつかまり、体を斜めにして左足を左隅に位置し

左足に強い負荷がかかるのを、避けています。

これまでいつもカッコつけてきた渋戸伊が、方針転換。
カッコつける場所を、選ぼうと思っているところ。

カッコつけない時間を持つことで、足への負担を減らし
足の回復を待とうと思います。

おかげで、太股にも向う脛にも痛みのない1日が
無事に過ぎました。

皆さま、がんばりまっしょい。えい、えい、おー!!

by sunnytoday | 2012-07-19 23:57 | Comments(0)  

自分の筋肉の状態を知る・・・

自分の筋肉の状態を知るのは大切なのに

もっと良い状態でありたいという願望を
あたかも今の自分の筋肉の状態であるかのごとく、思いこんでいたい自分がいて

渋戸伊は、筋肉に相当の負担をかけていたと思います。

昨日から、少しずつ痛みが薄らいできて
ひそかに、お!とガッツポーズ。

けれど、まだまだ以前の足ではありません。
免許更新に地元の警察署に行ったものの、そのついでのショッピングは中止。

ボランティアの日本語支援だけに行き
それが終わるとすぐに帰ってきて夕食の準備。

台所に30分立っていただけで、足が疲労困憊。
合い間に、庭先の教室になんどか教材準備に行きましたが

歩くのイヤだなーの気持ち。
向う脛や膝の外側に違和感が発生しないだけでも、よしとしなければ。

というわけで、教室では立ちっぱなしを避け
今夜は、いつもよりも腰かける時間を作りました。

すると、出かける時には疲労困憊だった足が
帰る時には、疲れが少し取れてました。

足の休ませ方が、足りなかったかもしれません、最近は。
自分の筋肉の状態を正しく知るって、「願望」がじゃまして難しい…

皆さま、がんばりまっしょい。えい、えい、おー!!

by sunnytoday | 2012-07-18 23:55 | Comments(0)  

続:筋肉の病気

起床時に、坐骨神経痛のような違和感が、お尻に。

それがずっと続きましたが
まもなく、先週と同じく向こう脛に痛みが出始めました。

明日も、この状態が続くのかしらと思いつつ
痛みの正体を観察したいと思います。

皆さま、がんばりまっしょい。えい、えい、おー!!

by sunnytoday | 2012-07-16 23:55 | Comments(0)  

筋・筋膜症候群

外出時に、左足の筋肉の弱さを痛感します。
姑のところへ行くのに、やっとの想いでたどり着く始末。

姑と話しながら、気付かれないようにずっと膝近くの筋肉
ほぐしてました。

帰る時には、来た時よりも少しは歩けたけれど
歩き方がとても不安定で、ひ弱…

いったい、筋肉に何が起きているのだろう…って、思います。
たぶん、筋肉の病気です。

---- 「股関節痛は怖くない」より ----

筋肉が病気になると、まず筋肉内の血液循環障害が起こり、筋肉内に疲労物質や発痛物質が溜まり、筋肉の痛みが起こります。

この状態が、筋・筋膜症候群ですが、わかりやすく言うと「筋肉のこり」が起きてしまうのです。この筋肉の痛みは、反射的に血管を縮めて、さらに血液循環障害を悪化させ、痛みを強くするという悪循環を起こします。
(中略) また、こんな状態ですから筋肉が疲労の限界に達するまでの時間が短くなります。

今の状態を筋・筋膜症候群と考えることで
渋戸伊の気持ちは落ち着きます。

痛みがある時は、筋肉の状態を正常に戻すことを優先。

今日は、熊本で整体をお願いしました。
現在の状態を話して、ていねいにほぐしていただきました。

不調の最中は、長年の経験により反射的に顔がにた―とはするものの
不安は心のどこかにはありまして・・・

そんな時は、改めて「股関節痛は怖くない」を読みなおします。
忘れていたことを思い出し、スッと安心します。

皆さま、がんばりまっしょい。えい、えい、おー!!

by sunnytoday | 2012-07-15 23:29 | Comments(2)  

ピンチ!続いてます・・・

過去ブログをチェックする時間がないのですが
かつて、銀サロのM先生に渋戸伊の「恐怖」をメールで訴えたことがあります。

今、似たような状況です。

自宅の階段の昇降時に、痛みが出ます。
降りる時くらいは勘弁してよ、と願いたいところ。

太股前面とか外側とか、向こう脛に痛みが出ます。
塾で立ちっぱなしが続いているのも、快復を遅らせているかも。

けれど、渋戸伊の体は、痛みが出ている時ほど笑顔の必要を知っているのか
足はもうヘトヘトで歩きたくないとき、顔はにたーとなります。

傍から見たらきっと不気味・・・
立ち止まってるオバサンが、にたー。

こうやって椅子に座っていると、もう幸せ幸せ。
股関節症患者であることを忘れます。(*^_^*)

このピンチが、そのうち良いチャンスになりますように。

皆さま、がんばりまっしょい。えい、えい、おー!

by sunnytoday | 2012-07-13 23:56 | Comments(0)  

ただの…

これを書くのは、ちょっとためらわれますが
いちおう記録として、書いておこうと思います。

決して、悪口ではありません。

渋戸伊によかれと思って、言ってくださるのでしょうが
なんだか、ん?の気持ちです。

反論もしませんでした。
渋戸伊は「手術をしたほうがいいとか、しないほうがいい」とかの話題を好まないので
話すのに、それなりに気をつかいました。

その人は8年前に両股関節を手術してうまくいった女性、60代前半?
急に両股関節に激痛がはしって、寝ても覚めても痛かったという女性。

手術をして、今は痛みがすっかりなくなり生活をエンジョイしてるとおっしゃいます。
数日前はなぜだか痛くて、家の中で杖をついていたとおっしゃいましたが。
年に何回かは、そんなことがあるようす。

ふだんは、杖をついていらっしゃいません。

「とても今のままではいられないのだから、渋戸伊さんもいずれは手術をすることになると思う。
それは、早ければ早いほどいいのよ。その時期が遅くなればなるほど体のあちこちが歪んでくるし、手術しても上手くいかなかった・・・ってことになるのよ。渋戸伊さんがどんな気持ちで温存していようと外から見れば、ただのビッコなのよ。」

そんなこと言われなくても、もう歪んでます。
30年経過してます。

嫌だなー。
気性の激しい人だったら、怒り出すかも。

渋戸伊は「ただのビッコ」と言われても、黙ってましたが
自分はこんなことを人には言うまい、と思いました。

人にはそれぞれの事情があります。
あんまり立ち入られたくないので、「それじゃ、また~♫」って離れました。

忘れます。 わたしは、わたし・・・です。

by sunnytoday | 2012-07-11 00:31 | Comments(6)  

後遺症・・・

まだ、筋肉痛があります。
これはきっと、後遺症でしょう。

プールでは、今日、ゆっくりしか泳げませんでした。
軽くしかキックしなくても、太股から脛にかけて痛みが走りました・・・

無理は禁物、20分で切り上げました。

痛い時は大人しくしていなければならなかったのに
渋戸伊の生活事情が許さず

先週3日間、モーラステープを貼っていつも通りに動いていたその後遺症。

元に戻るのに、あと1週間くらいはかかるかも。

えい、えい、おー!

by sunnytoday | 2012-07-10 23:40 | Comments(0)