シクラメン

夫は今年も息子家族から誕生日プレゼントをもらいました。
(My husband got a birthday present from my son and his family this year,too. )

昨日は夫の誕生日。

夫宛ての宅急便が届き
開けてみると、シクラメン。

昨日は仕事日で電話する時間なくて
夫に代わって夜遅く「ありがとう!」ライン。

「今年はお父さんっぽくない
可愛いお花になったけど」って息子から。

f0198926_00192304.jpg

申し合わせたわけでもないと思うけど
娘からほどなくしてライン。

お父さんがそばにいるような気がしたので
「お誕生日おめでとう。」って言ったよって。

その間にNさんから電話。妙見さんのお祭り見物・最終地点のことを報告してくれた。Nさんは健脚だからどこまでも歩ける。「すずらんさん、私、車椅子押すから一緒に行こう!」って。

f0198926_00194758.jpg

きゃあ、さんきゅ!ちょっとその前にどのくらい歩けるか、お祭り最終地点現場を歩いてみるよ。一人でその練習をすることのほうが、ワクワク。これから1年間のお楽しみ。

ラインや電話が終わって、やっとお風呂。
寝るの遅いけど、元気です。

皆さま、がんばりまっしょい。

えい、えい、おー!!






by sunnytoday | 2017-11-25 23:57 | Comments(2)  

Commented by lotta0517 at 2017-11-26 00:02
思わず、あたたかくなるニュースですね。家族の絆ってものを感じます。優しいご主人のお顔が浮かびました。ずっと、そばにいますね。
Commented by sunnytoday at 2017-11-26 16:44
ロッタのママさん、ありがとうございます。

私は20代で父親を亡くしましたが、その時の悲しみと言ったら胸が張り裂けんばかりでした。死別の経験も少なくただ辛くて、誰もいないときに泣きました。30代のわが子が父親を失った悲しみは、若き日の私と似ているところがあるかもしれないと、ふと昔を思い出したのでした。

雨が続きます。寒いです。干し柿、どうなるかな。(><)
ご自愛くださいね。

<< ハイビスカス 妙見さん >>