手術、あるいは

2人の女性が、先月から私の目の前に現れています。
(Two women have appeared before me since last month.)

1人は今月いっぱいで消えることになりそう。
もう一人はこれからも時々会えるかな。

神さまが送り込んだと思われる2人の女性。
おかげで私はいろんなことを考えています。

2か月間だけの期間限定の女性は、私が寝ても覚めてもの股関節痛に悩まされていたころ(40代後半)出会った女性。脚長差が5ミリくらいの時で、この女性Nさんは、私の股関節症には気づいていなかったそうな。Nさんはすでに片方が短くて跛行していた。先月の突然の再会まで、10年以上会うことはなく。特に親しくもなかったので。

Nさん偶然にも私と同い年。60才になった時、両足の股関節痛に耐えられず、手術がうまくいっている80代の先輩に励まされて(術後15年経過)人工股関節の手術をしたのだそう。翌年、もう一方も人工にして、現在、左右とも人工股関節。脚長差なし。満足。

もう一人の女性Hさんは70代前半。ベビーのころから股関節が悪く、脚長差あり。痛みなし。痛くないからこのままでいいと、昔から跛行のある暮らし。太ももがたくましい。満足。

野菜にはいつもショウガを刻んで。
おいしい!

f0198926_10075841.jpg

私はまだ、このままでいいかな。
神さまが2人の女性を送り込んでくださったけれど。

皆さま、がんばりまっしょい。

えい、えい、おー!!


by sunnytoday | 2017-08-26 10:12 | Comments(7)  

Commented by ライム at 2017-08-26 22:50 x
手術が済んだ方からよく言われるのが、「痛みがあっても迷っているうちは手術しない方がよい」ということ。
すずらんさんはその時期を乗り越えての今なのでしょうか。

先日定期健診に行って来ました。「珍しいよね~。あなたみたいな人が全くいないわけじゃないけどね。どこが悪いの?っていう人。」
初診時は末期と診断されたので、進行期でもあまり病状的には良くないらしいですが、今現在痛みも可動域にも筋力にも全く問題なく調子がいいです。
毎朝一時間強のストレッチ筋トレが負担になったりこれでいいのかって思うこともありますが、方向性は間違ってないと思うので今の状態を保てるように頑張ろうと思っています。

Commented by aoisora at 2017-08-27 00:04 x
私が考えてる手術する時期は①痛みがひどくなったり、可動域が狭くなって日常生活の質が低下した時 ②脚長差(ただいま1㎝ぐらいといわれています)がひどくなって腰痛や、背中の痛みが出だした時(①につながるかな)です。とにかく70歳あたりまでは自分の股関節で生活したい、その年齢がさらに伸びていけるよう努力はしていきたい。最悪になったら、手術があるって感じですかね。骨粗しょう症にだけはならないように整形外科で時々検査してもらおうと思っています。今手術して使い方によったら80代で再手術となるのもどんなものかと思うし…。(そこまで生きていたらですが)私も時々気持ちは揺れますねぇ。
Commented by sunnytoday at 2017-08-27 00:47
ライムさん、ありがとうございます!

調子が良いようですね。嬉しいです。今、お返事書いたらPCの具合が悪くて、送信失敗。明日、外出するので帰宅してからお返事書かせていただきます。

aoisoraさん、ありがとうございます!

いろんなこと考えます。明日、書かせていただきますね。のらりくらりしていたので、今からお風呂です。またまた就寝時間が遅くなりかけているこの頃です。
Commented by sunnytoday at 2017-08-27 19:27
ライムさん、ありがとうございます。

股関節症末期の診断を受けながら
痛み・可動域・筋力に問題ないというのは、スゴイと思います。

舞台での事故で研ナオミさん最近オペ、急に痛みが出て伊東ゆかりさん最近オペ、臼蓋形成不全で痛みが出るようになって、24時間テレビの坂本マラソントレーナー7年前にオペ。股関節手術をしている人たちがこのごろ私の前に現れだして、いろんなこと考えます。今以上の満足を私が求めている証拠でしょうか。寝ても覚めても痛い時があったというのに。けれど、まだこのままでいると思います。あと何年か実験します。
Commented by sunnytoday at 2017-08-27 19:55
aoisoraさん、ありがとうございます。

骨粗しょう症に気をつけたいですよね。
自分の股関節、大切にしたいですよね。

お気持ち、本当によくわかります。ところで、私の白内障は急激に視力が落ち、マイカー運転できないと生活が不便だったので、手術を決めました。手術をしたら霧が晴れたように視界が明るくなり、遠く用のメガネはかけてますが、生活が便利になりました。手術前は不安で仕方なかったけれど、こんな結果もあるんだといろんなこと考えます。私の足はまだそれほど不便じゃないので、取り組み続行中します。
Commented by 1944-suzu at 2017-08-28 11:48
私の頭の隅に有るのがいつもこの問題。

私の町内で、この夏だけでも二人が膝関節、
一人が股関節の手術を受けられました。
今のところ痛みはなくなりリハビリで通院中。これは個人差が有るようですね。

それなりに毎日を楽しくは送っていますが
あの時手術していたら、もっと楽に歩けたのでは、もっと違う自分がいるのではとも考えないことはありませんが。
地震以後、周りを見回し、ケセラセラの考えが強くなりました。
Commented by sunnytoday at 2017-08-29 00:33
suzuさん、ありがとうございます。

そうなんですね。suzuさんの周囲でも、膝や股関節の手術をなさった方がいらっしゃるんですね。仰るように、結果や満足度には個人差があるようです。

私は寝ても覚めてもの痛みに辟易していた時、仕事と家庭の事情で条件が整わず、今に至ることに。というのは後付けで、私は何があったにしても、今の状態を迎えることになっていたのだと思います。脾臓全摘オペ、子宮筋腫オペ、白内障オペ、股関節だけは今も股関節症のまま。suzuさんのケセラセラ、同感です。

<< 今、私の足は ネバネバ栄養 >>