若者たち

外国人による日本語スピーチ大会を楽しみました。
(We enjoyed a Japanese speech contest by foreigners.)

私の所属するボランティアグループ主催の
2月恒例の日本語スピーチ大会。

昨夏、外国語指導助手として来日したばかりのJさんは
「これは競争ですか。勝つ人と負ける人がいますか。」と尋ねました。

「競争ではありません。出場者全員に参加賞が贈られます。日本語のスピーチを楽しんでください。」と答え、原稿をメールで送ってもらいました。担当者は意味が伝わりにくいところだけを添削して、原文を尊重することになっています。

出場者の皆さんはアメリカ・ベトナム・インドネシア・カナダ・日本(特別出場の高校生)出身の10人。はじめ中国出身のAさんも予定されていたけれど、家族の急病で参加できず。

f0198926_00413749.jpg


f0198926_14305316.jpg

f0198926_14314506.jpg

f0198926_14324875.jpg

日本語を学んでまもない若者たちが、日本語で一生懸命スピーチする姿を見て、多くの人たちが感動します。もちろん、私も。

私はいつものように受付係と参加賞の準備係。来年は自分も出場したい!と目を輝かせる若者たちを見ると、自分が股関節症患者であることを、つかの間忘れます。

片づけを終わり、女子5人でコーヒーを飲んで帰りました。男性陣、ごめんね!女子はちょっとだけでもお茶飲まないと完結しないんだもん。

f0198926_00332069.jpg

皆さま、がんばりまっしょい。

えい、えい、おー!!







by sunnytoday | 2017-02-27 00:00 | Comments(2)  

Commented by ハナちゃんの母 at 2017-02-27 21:42 x
今晩は~!
良いな~(^_-)-☆
里山辞めたのでこんなことしてみたいな~!
国際交流のグループとか、ホームステイ登録とかあるけれど・・。
何かきっかけがあればかかわってみたいな!

by PC
Commented by sunnytoday at 2017-02-28 00:11
ハナちゃんの母さん、ありがとうございます。

グループの立ち上げ時から参加しています。足の痛みを抱えながらの杖使用ボランティア。途中、心の葛藤もありました。足が健常な人たちと行動を共にするとき、元気そうにしてるんだけれども、なんともいえず悲しかったり。痛みのせいで心が揺れやすかったかなあ~。なつかしい思い出。とはいえ「足が悪い」を売りにしています。(^_-)-☆

ハナちゃんの母さん、機会あったらぜひやってみて下さい!ご主人や息子さん家族がおられるので、ホームステイも人手があってバッチリ!お孫ちゃんが喜ばれるかも。

<< ストレッチ 椅子にずっと >>